診療について

モバイルサイト

検査設備について

臨床検査

検体検査

患者さんから採取された血液、尿、便、喀痰などを調べる検査です。検査内容により、生化学検査、血液一般検査、細菌検査、血清検査、輸血検査、尿一般検査等を行います。

生理検査

検査機器・装置を用いて患者さんの体を直接調べる検査です。当院では下記の生理検査が可能です。なお、検査に伴う苦痛はございません。

  • 心電図検査
  • 不整脈や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)等を等を調べる検査です。負荷心電図やホルター心電図(24時間心電図)もあります。

  • 超音波検査(エコー検査)
  • 超音波診断装置を用いて臓器や血管などの大きさ・形・血液の流れる状態などを調べる検査です。主に検査する部位は、腹部・心臓・乳腺・甲状腺・血管系などです。

  • ABI検査
  • 両手、両足の血圧等を計ることにより血管の硬さ(動脈硬化など)を調べる検査です。

  • 呼吸機能検査
  • 肺の機能(肺活量など)を調べる検査です。

  • 脳波検査
  • 脳の機能(活動状態)を調べる検査です。

画像検査

放射線検査

  • 一般撮影検査(FCR)
  • 人体を透過したX線を画像として写し出します。 皆さんもおなじみの胸部写真や腹部写真、その他、全身の骨の撮影を行っています。 当院では富士フィルム社製CRシステムを導入し、診断に貢献しています。

  • X線透視検査
  • X線を連続的に発生させ、その透視像をTV装置で観察する検査です。 胃や大腸のバリウム検査を行ったり、骨折や脱臼の整復にも使用しています。

    装置には固定式と移動式があり、固定式は上記以外に胆嚢・胆管・膵管検査や大腸ファイバー、 泌尿器科系の検査にも対応出来るように設計されています。

    移動式は手術室で使用されており、主に外科の術中造影や整形外科の手術支援、 骨折後の整復に用いられています。

  • DSA(血管造影検査)
  • 血管内にカテーテルと呼ばれる管を挿入し、その管から造影剤を流して血管の写真を撮り、血管の形態・血流状態をみる検査です。 当院では主にシャントPTAや腹部アンギオを行っています。

  • CT検査
  • X線を人体にあてながら透過したX線を検出し、コンピューターによって処理を行い、横断面(輪切り)像を得ます。人体内部の様子が詳しくわかり、病気の発見に役立ちます。

    また、造影剤という薬剤を使うことにより画像の情報量が増え、血管を立体的な画像で描出して診断に役立てています。

    当院ではGE社製のマルチスライスCT装置を配備して予約検査や緊急検査に対応しています。

  • MRI検査
  • 大きな磁石と電波を利用して体内のあらゆる方向から画像化する装置を用いる検査です。 CT検査と大きく違う点はX線を使用しないことで放射線を使わずに検査が行えることです。

    また、造影剤等の薬剤を使用することなく血液の状態を画像としてとらえることもできるため血管情報も得ることができます。

    当院では日立社製MRI装置を使用して主に脳・整形外科領域・腹部の検査を行っています。

  • 骨塩定量検査
  • 低エネルギーX線を利用して骨の密度を測定する検査です。測定値を正確な値(標準値) と比較することによって骨塩量を知ることができます。

  • マンモグラフィー
  • 乳房専用の装置を使用し、乳房に適したX線を利用することにより検査を行います。
    触診の難しい小さな癌を発見できるため早期の乳癌を診断することができます。

内視鏡検査

  • 胃内視鏡検査
  • 内視鏡(先端に高性能カメラがついた細い柔らかいチューブ)を用いて、胃を中心とした部位(咽頭、食道、胃、十二指腸)の内腔を観察する検査です。

    通常は口から入れる内視鏡を用いますが、鼻腔から入れる内視鏡(経鼻内視鏡)でも検査できます。経鼻内視鏡は検査中の吐き気(嘔吐反射)が少ないというメリットがあります。

    胃内視鏡検査にて認められる病気としては、食道炎、食道癌、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、十二指腸潰瘍などがあります。

  • 大腸内視鏡検査
  • 肛門から内視鏡(先端に高性能カメラがついた細い柔らかいチューブ)を挿入して、肛門、 直腸、結腸、小腸までの大腸全体を観察する検査です。 小さな大腸癌や大腸ポリープなどX線透視検査では見つけにくい疾患の発見や診断に役立ちます。

  • 気管支鏡検査
  • 直径6mm程の内視鏡(先端に高性能カメラがついた柔らかいチューブ)を口または鼻から挿入してのどの奥を通り、気管支を観察するための検査です。 主に肺疾患を診断するための検査で疾患によっては必要不可欠の検査です。

  • 膀胱鏡検査
  • 直径6mm程の内視鏡(先端に高性能カメラがついた柔らかいチューブ)を尿道口から挿入して 尿道および膀胱内を観察する検査です。 膀胱癌、膀胱結石などの早期発見のほか、膀胱粘膜の炎症性変化、排尿筋の状態、尿管から膀胱内へ排出されてくる尿の色調など診断に役立つたくさんの情報が得られます。