診療について

モバイルサイト

外来診療科目一覧

総合診療科 消化器内科 呼吸器内科 内分泌代謝・糖尿病内科
腎臓内科(透析) 肝臓内科 循環器内科 泌尿器科
消化器外科 肝臓外科 乳腺外科 肛門外科
血管外科 整形外科 リウマチ科 形成外科
脳神経外科 耳鼻咽喉科    

血管外科について

動脈硬化症によって足への血管が閉塞する病気を閉塞性動脈硬化症(ASO)と言います。ASOは血行障害が起こる結果、足が冷たくなったり、歩行すると足の痛みが起こり歩けなくなってしまう症状や、さらに病気が悪化すると歩かなくても足の痛みが続いたり、ついには足の先から腐って壊死が起こってきます。このように重症化した場合は人工血管や自家静脈によるバイパス手術やバルーン拡張、ステント挿入などによる血管内治療を行います。また動脈が拡張してくる動脈瘤の場合、破裂の危険性が高いと診断された時点で人工血管置換術を行います。静脈の病気では下肢の静脈が膨らむ下肢静脈瘤があります。症状がある場合は硬化療法や静脈結紮術、静脈抜去術が必要となります。エコノミークラス症候群に代表される下肢の静脈が急に閉塞する静脈血栓症に対しては血栓溶解療法、血栓摘除術、下大静脈フィルター挿入などを行います。

担当医

担当医スケジュール表

 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
土田 勇     (受付)         (受付)